ドリブル

フットサルの自陣で役立つドリブルは、つま先を横に向けての足裏ドリブル。トラップでカットされずらい足裏を使っていたように、このドリブルも常に自分の力ラダの下にボールがあるためカットされにくい。アウトサイドでのドリブルのようにスピードは出せないが、安全性が高いので自障での ドリブルに重宝する。また、危なくなったらすぐにボールを踏んで、カラダを敵に預けたり足裏でボールを引いたりと、緊急回避の点でも優れている。

フットサルのドリブルに慣れないうちは、どうしてもボールにばかり目がいってしまう。これではパスチャンスを逃してしまうし、カットに来た敵の足にもすばやく反応できない。パスやトラップよりもボールが力ラダから離れやすいドリブルでは、ルックアップできることが最低条件です。これができて初めて、試合でもドリブルを使ってもいいレベルに到達したといえる。